納得出来る賃貸物件を探そう

賃貸物件は自分のライフスタイルに合わせて住まいを変えられる

私の友人が3年前にマンションを購入しました。マンションの設備や周辺の環境も申し分なく、良物件を購入したことに友人も満足していました。ところが、入居して住み始じめてそれほど経っていない段階で、引っ越したいと言い出したのです。どうして?と聞くと階下に住む住人が夜になると大人数で騒いで眠れないと言うのです。防音もしっかりしているしそれはないでしょう。ということで試しにお泊りしました。そうすると夜中の2時を過ぎた頃に、どすんどすんという鈍い音がするんです。防音はわりとしっかりしているので、話し声が聞こえるというわけではありませんでした。けっして大きな音というわけではないのですが、軽い振動がずっと何時間も続く感じで朝まで眠れない状態は、精神的にちょっときつい感じです。マンションて、買う前に昼とか夜とかの周辺環境を調べられても、自分の住居の上下左右がどんな人達が入居するのか?という点においては、実際に購入して住むまではわかららないのです。良い住人に恵まれるのも悪い住人にめぐり合ってしまうのも運みたいなものなんですね。賃貸なら事情を大家さんに話すと、家賃の値下げや他に空いているお部屋がある場合はそこに移ることが可能だったりするのですが、購入したマンションは、ローン契約をしていたりなんだりで、直ぐにどこかに移るという選択肢を選ぶことは難しいのが現実です。友人は昼間のお勤めなのに対して階下の住人は夜がメインのお仕事で、ライブスタイルが間逆の人達でした。

自分の家を持つ。というのは私にとっても1つの目標なのですが、友人の問題を肌で感じて、賃貸は自分のものにはならないけれど、それもいいのかな。と最近感じています。自分の生活レベルや自分の状況や事情に合わせて、気軽に引っ越せる住まいである賃貸のお部屋は魅力的です。特に女性は結婚等で生活環境が変わりやすいので、慌ててローンを組んで購入してくてもいいのかもしれません。

関連リンク

Copyright (C)2017納得出来る賃貸物件を探そう.All rights reserved.