納得出来る賃貸物件を探そう

賃貸は、快適な住まいなのか

賃貸マンション、2物件に10年以上住んでいました。過去の経験ですが、私が感じた問題点と注意すべき点を、お話したいと思います。賃貸に住む上で、一番問題にすべきことは、間取りとかオシャレとかそういうことよりも、防音対策がいかに取られているかだと思います。それが無ければ安住の住まいでなないからです。最初の物件は、上下、隣の話声は全く苦になりませんでした。隣に住む一家は、赤ちゃんのいる4人家族でしたが、鳴き声に悩んだこともありあせん。しかし2度目の物件は、話し声、物音に日々日常的に悩まされる生活を送らされました。それは想像以上に苦痛で、家に帰りたくないと思うほどです。

次に注意すべき点ですが、物件周囲の環境チェックは休日と平日の両方すべきです。平日に裏にある小さい工場の機械の振動と騒音、悪臭は、日曜日には気づきませんでした。そしてもう一つ退去時に掃除。普段からキレイにしておけば問題ないはずですが、思った以上に叩かれます。物件自体もともと古かったのに、あそこもここもと指摘され修繕費を要求されたときは、怒り爆発してしまいました。その後、キチンと説明を求めていくうちに、状況が変わりました。管理会社と大家さんとの間で話し合い後、半額ほどになりました。かなり疲れましたが、頑張って主張してよかったと思います

最初に住んだマンションは、古かったですが住み心地は良かったです。こんな快適なら、新築賃貸マンションが出来たら引っ越そうと考えてしまったのが失敗でした。賃貸って、家賃が同じくらいでも物件によって大きな差があるので、気をつけないといけませんね。

Copyright (C)2017納得出来る賃貸物件を探そう.All rights reserved.